INFORMATION

notice
【関連記事】『車輪のついた家2』イム・シワン「料理+センス」万能末っ子


写真=tvN『車輪のついた家2』放送画面キャプチャー

俳優イム・シワンが『車輪のついた家2』で料理の実力とセンスなど、優れた能力で万能末っ子になった。

9日午後に放送されたtvNバラエティー番組『車輪のついた家2』には、ぺ・ドゥナがゲストとして出演した。

この日新しく末っ子としてイム・シワンが登場した。
イム・シワンは「キャンプが好き。旅行も好きだ。生きていることが旅行(と似ている)。」と期待感を表した。

イム・シワンは、3度の共演をしたキム・ヒウォンと兄弟ケミを見せた。冬の終わりに江原道に向かっている時に、ソン・ドンイルはイム・シワンに「雪は好き?」と聞いた。イム・シワンは「雪を見ることは好きだけど、靴を外に置いておいたら靴が濡れないか(心配だ)。」と話した。ソン・ドンイルが「キム・ヒウォンの3倍だ。」と感心し、キム・ヒウォンも「僕もそう思った。」と共感した。


写真=tvN『車輪のついた家2』放送画面キャプチャー

イム・シワンはゲストのぺ・ドゥナとのケミも見せた。ペ・ドゥナは料理をするイム・シワンの横で「キャンプをなぜするのかわかる気がする。体を動かすからずっとお腹が空く。何を食べても美味しいと思う。」と話した。

キャンプに対しての情熱、既存メンバーとのケミを見せてくれたイム・シワンは、末っ子としての役割もきっちりこなした。イム・シワンはシェルターを設置した後、メンバーの為にアップグレードしたジャージャーラーメンを振舞った。イム・シワンは玉ねぎと肉を炒めた後、ジャージャーラーメンのスープを入れて、真心がこもったご飯を作った。

ぺ・ドゥナは「とても美味しい。」と、ソン・ドンイルは「本当のジャージャー麺みたい。」と感嘆した。キム・ヒウォンは「ラーメンのスープ粉末だけで作ったのか。」と信じられない様子だった。イム・シワンの高レベルの料理の実力が見れた瞬間だった。

イム・シワンのセンスは料理の実力だけでなく、効率にも表れた。イム・シワンは玉ねぎの皮剥きから、下ごしらえまでハサミでした。イム・シワンは「洗い物をあまり出さないように料理をする。絶対にハサミで。」と説明して、早くて楽に料理する自身の方法を公開した。

(c)STARNEWS

>>こちらから記事の原文と写真がご覧いただけます。