INFORMATION

notice
【関連記事】『RUN ON』イム・シワン♥シン・セギョン、超可愛いロマンス誕生[総合]


写真=JTBC

『RUN ON』が綿菓子のように、ふわふわで甘いロマンスで視聴者たちを迎える。

16日午後JTBC水木ドラマ『RUN ON』制作発表かが開かれた。

『RUN ON』は、同じ言葉を使っていながらもコミュニケーションが難しい時代、それぞれ異なる言葉で、それぞれ異なる速度で、お互いに向って完走するロマンスだ。

イム・シワンは劇中では、短距離陸上選手キ・ソンギョム役を演じた。
イム・シワンは、「最初、『RUN ON』の台本をもらったとき言葉がとても冷たいなと感じた。」と、『RUN ON』に魅了されたポイントを明かした。
続いて、「現実で私たちが使う語法と、正しい言葉が多くて魅力的に感じた。だからこのドラマをしたいと思った。」と出演のきっかけを話した。

キ・ソンギョムをどう解釈したのかという質問に、「ソンギョムが一般的ではないと感じた。ただかっこ良い部分だけがあるのではなくて、立体的なキャラクターだと思った。ある時は正義感がありかっこ良いけど、ある時は四次元的な話をする。
自分以外には興味がないのに、不義を見ると我慢できない。解釈が必要な人物だけど、オ・ミジュがキ・ソンギョムを解釈することで、キ・ソンギョムが意味のある人物になる過程を描いた。」と説明した。

イム・シワンは『トライアングル』『ミセン』『他人は地獄だ』以降、久しぶりにファンたちが待ちわびたロマンスを見せるという事で期待が高まっている。
彼は、「僕がロマンスを避けていた訳ではないけど、作品を選択してみたらそうなった。今回も台本を選んでいて、ついに甘くてムズムズする作品をすることになった。僕も撮影している間、トキメキを感じて、暗い作品の時よりも、良い時が多い。」と話した。


写真=JTBC


写真=JTBC

各カップルの魅力は何かという質問に、イム・シワンは「ソンギョムがミジュと目が合ったとき、仮面が外れた感じがした。ミジュとソンギョムがたくさん会ってくれたら良いなと思った。」と明かした。
見どころを聞かれイム・シワンは、「モニタリングをしながらふわふわな感じがした。パステルトーンの感じがした。このドラマを見ている時間は心と目が楽になる。」と答えた。

『RUN ON』は16日午後9時に初回放送される。

(c)STARNEWS

>>こちらから記事の原文と写真がご覧いただけます。