INFORMATION

notice
【関連記事】『RUN ON』イム・シワン♥シン・セギョン、「運命スタート」[総合]


写真=JTBC

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

『RUN ON』のイム・シワンとシン・セギョンが「イケメンな運命」ロマンスを予告した。

初回放送から、「ホームステイをしないといけない年末、一緒に見てトキメキたいドラマが始まった」と熱狂な視聴者たちの心の中へ『RUN ON』した。

16日に放送されたJTBC水木ドラマ『RUN ON』1話では、“狂った人”と“(偽物の)銃”で始まったキ・ソンギョム(イム・シワン)とオ・ミジュ(シン・セギョン)の偶然かのような運命的な4回の出会いが描かれた。

飾らない淡泊で正直な会話の中から活きる“言葉の味”に耳が楽しく、キャラクターに完璧に同化したイム・シワンとシン・セギョンのロマンチックな演技と、“ギョムミ カップル”のビジュアルケミを莫大させた、素敵な映像に目は保養された。
特に、映画祭に招待された俳優ユク・ジウ(チャ・ファヨン)が、自身の次回作について「明らかな愛の話」と「その中で私は、狂った人かもしれないし、負け犬かもしれない、サイコパスかもしれないし、クズかもしれないし、誰かの初恋の人になるかもしれないです。」と紹介したシーンに、順にソンギョムとミジュ、そしてソ・ダンア(チェ・スヨン)とイ・ヨンファ(カン・テオ)が登場。
これから展開されるようなストーリーのキャラクターをほのめかし好奇心を掻き立て、明らかではなさそうな愛の話を予感させた。

陸上国家代表キ・ソンギョムは、国会議員の父親キ・ジョンド(パク・ヨンギュ)、国民女優の母親ユク・ジウ、そして世界ランキング1位のゴルフ女帝のお姉さんキ・ウンビ(リュ・アベル)など、有名家族であるため、どこに行っても注目される。
ずば抜けた美貌に、裕福な背景まで全てを持ち合わせた彼を同僚と後輩は、「ずるい」と嫉妬した。
だが実際は、本人は周りの関心には興味なかった。走ること以外は、「目立ちたがり屋」のような最近よく使われる言葉や、誰でも知っている映画も検索をしないと分からない程、何にも関心がなかった。

映画翻訳家のオ・ミジュは、エンディングクレジットに自分の名前が出る仕事に誰よりも熱かった。
映画界の人たちも舌を巻く映画祭の翻訳も毎年務め、任された作品が海外映画祭に招待された時は、「私のおかげだ」と、自負心も感じた。通訳・翻訳が両方できる、数少ない実力者だった。
何よりも彼女は我慢しないで、言いたいことは言わないといけない性格だった。
大学の同級生が集まった映画祭の打ち上げで、ファン・グクコン(キム・ジョンホ)教授の無礼な酒癖に、息もしないで対抗した。

この事件によって、ソンギョムとミジュの初めての出会いが生まれた。
席を外したミジュが、道で電話をしていたソンギョムとぶつかった。ミジュを追いかけてきて、「戻ろう」と彼女の手を掴み引っ張る元カレハン・ソクウォン(ベ・ユラム)監督に、ソンギョムはミジュが落としたライターの銃を突きつけた。
自分のせいで転んで足首を捻ったようだと、状況を免れようと助けた。実は、無関心に生きているだけのようだが、先輩に規則という美名の下、暴力を振るわれていた後輩キム・ウシク(イ・ジョンハ)について黙認できなかったソンギョムは、もしかしたらデートDVかもしれないミジュの状況を見逃すことができなかった。
だから彼女には、「少しおかしい人のようだけど」という第一印象を与えた。

彼らの出会いは、また違う偽物の“銃”によって生まれた。
“ミリタリーオタク”のミジュが詐欺師を追い払っていた時、またもやソンギョムに助けられた。
偶然にも2回も助けてもらったソンギョムに、ミジュは有難くも申し訳ない気持ちになり、ご飯を奢る提案をした。
彼は携帯電話に“おなかすいた時にバン”という名前で連絡先を保存した。
そしてソンギョムと別れて家に帰ってきたミジュは、映画制作会社の代表であり、ルームメイトでもあるパク・メイ(イ・ボンリョン)に、「メイお姉さん、運命は信じる?私はイケメンだったら信じるね」と、なんとなくときめいた心を伝えた。

「イケメンな運命」を期待していたミジュが、ソンギョムと3回目の出会いを果たした。
打ち上げ事件で怒っているファン教授を宥めるため、泣く泣くやることになった未報酬の通訳アルバイトの相手がソンギョムだった。
3回も会って、「本当に運命的だ」と思ったミジュに、ソンギョムは私たちの出会いは4回目だと言った。
実は映画祭の見えるラジオの前で、ユク・ジウの昔からのファンをだと熱狂していたミジュ。その時、彼女が履いていた靴まで覚えていた。
こうして4回もの出会いに目が合った2人男女、ドキドキな出会いが始まった。

(c)STARNEWS

>>こちらから記事の原文と写真がご覧いただけます。